【楽天】(APIオプション契約の方が対象です)WEB API認証キーの更新方法

楽天WEB API認証キーの更新を行います。※APIオプションをご利用のお客様が対象です。

※認証キーの有効期限は3ヶ月のため、有効期限切れの直前または、
有効期限切れ後に認証キーを更新(新規発行)する必要があります。
有効期限間近になると楽天市場よりメールが届きますので、必ずご確認下さい。


【1】楽天RMSにログインし、[7:拡張サービス一覧]をクリックします。


【2】[WEB APIサービス]をクリックします。


【3】決済APIの[決済APIサービスメニュー]をクリックします。


【4】[WEB API 認証キー発行/確認]をクリックします。


【5】[認証キーを発行する]をクリックします。
※表示された認証キーはコピーまたは印刷して保存して下さい。
【6】【5】をクリックした後の画面で表示された認証キーをコピーまたは印刷して保存してください。


【7】GoQSystemの受注管理にログインして[各種設定]をクリックします。


【8】[モール詳細設定]をクリックします。

【9】WEB APIを利用している楽天店舗をクリックします。
【10】【6】で表示された認証キーを貼り付けて下さい。
【11】[設定を保存して次へ進む]をクリックします。

以上の方法で楽天WEB APIの認証キーが更新できます。
期限切れ間近のメールが楽天から届いた場合、必ず更新の作業を行って下さい。

シェアする

通販業務でお悩みの方へ。
ルーチンワーク作業の自動化や複数店舗の一括管理など、実際の実際の店舗運営から生まれたクラウド型受一元管理システム「GoQSystem(ごくーシステム)」。
作業の簡潔化・人的ミスの削減・時間削減・人件費削減などが見込め、あらゆる負担を大幅に軽減します。
通販業務のお悩み、解決してみませんか