出荷管理も効率化の時代!さらなる売り上げUPをしたい方へ!


みなさん!こんにちは!871です!

突然なのですが、みなさまは物流倉庫サービスはご利用されていらっしゃいますでしょうか?
昨今はさまざまな企業が物流倉庫サービスを展開されており、倉庫連携が主流となりつつあります!
そもそも、物流倉庫サービスとはなんなのか、物流倉庫サービスを利用するとどんなメリットがあるかご存知でしょうか?

 

物流倉庫サービスとは

簡単に言うと、出荷、発送業務を全て代行してくれるサービスです。
コロナ禍になり、ECを利用するユーザーは増え続け、EC事業は右肩上がりで売上も忙しさもUPしています。
ただでさえ受注処理で忙しいEC事業者様の手助けになるため、物流倉庫を利用するEC事業者様は年々増えています。

こんなお困り事、ございませんか?

・受注数が増え、出荷業務に追われている…
・日々の業務がルーティンワークのみで終わってしまい、新商品の開発などに手が回らない…
・出荷が増えたのはいいけど、人件費もかかってしまう…

 

忙しいことはいいことだけど、やはり、大変ですよね…
そういったお悩みを解決するのが、物流倉庫サービスです。
物流倉庫を導入した際に一体どんなメリットがあるのか、ご紹介いたします!!

  • 出荷、発送業務は全ておまかせ!店舗は受注処理だけでOK!
    上記でも記載の通り、物流倉庫サービスを利用すれば発送に関することは全ておまかせできます!
    自社で発送する商品を探して、ピッキングをし、段ボールに詰めて、ガムテープで閉じて、、、慣れていれば大してつらくない作業かもしれません。
    ただ、この時間がなければ新しい商品の開発に手を回せる、残業なしで帰れる!なんてこともできちゃいますっ
  • 365日出荷が可能!
    物流倉庫サービスでは基本的に365日出荷に対応しています!
    その為、セール時にもスムーズに対応ができ、お客様の満足度も高いです。サービスレベルが向上し、売上アップにつながります♪
  • 物流コストの削減が可能!
    物流倉庫で商品を管理してもらえるため、自社倉庫の管理にかかる費用、輸送費、人件費等の削減が可能です!
    更に、物流倉庫を導入すれば、業務改善も図ることができるため、今までの物流コストを見直すことができます。

 

このように出荷・発送業務がなくなることで、物流コストの削減や、新しい商品の開発を開始することができ、売上アップ、に強く貢献します。
他にも、サービスによっては在庫の品質管理なども代行して行ってもらうことも可能です。

 

その他にもメリットがたくさんある物流倉庫サービス。
導入したいけど、どこのサービスを導入したらいいのかわからない!という方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、GoQSystemのおすすめ倉庫をご紹介いたします!

 

1.楽天スーパーロジティクス(RSL)

楽天と連携している倉庫となります。利用するには「BOSS」というシステムを「RMS」と連携させる必要があります。

★★RMSを取り入れるメリット★★

①倉庫は保管・出荷上限なくご利用可能
物流倉庫サービスのメリットである在庫の保管や出荷。RSLではこちらを上限なくご利用いただくことが可能であるため、大量に受注がある方にはおすすめですね!
②ギフトラッピングなどオプション要件にも対応
オプションサービスを追加すると、ギフトラッピングなども対応可能となります!
③楽天以外の他モール全て同一料金で配送可能!

 

2.フルフィルメントbyAmazon(FBA)

Amazonの物流倉庫サービスとなっています。
Amazon受注についてはお客様から注文を受けると、ピッキング、梱包、発送からカスタマーサービスまで、すべてを代行してくれるサービスとなります。
また、FBAマルチチャネルサービスをご利用いただくと、FBAに預けている商品であれば他モールの受注もFBAより発送することが可能となります。

★★FBAを取り入れるメリット★★

①マルチチャネルサービス
1商品1点から必要なときに、使いたい分だけAmazonのフルフィルメントセンターに在庫を保管できるため、必要な分だけフルフィルメントコストの削減も期待できます。
②お支払いはご利用になった分だけ
FBAの手数料は、商品の保管スペースとAmazonが出荷・梱包・配送などを代行した注文数に応じて計算されます。お急ぎ便・お届け日時指定便の利用でも追加料金は一切かかりません。
③商品がAmazonプライム対象、配送が「Amazon.co.jp」に!
Amazonをメインで店舗を運営されている場合は、プライムマークによる売り上げ向上が期待できます。
また、「Amazon.co.jp」からの発送ということで、購入者からの信頼を得られやすいため、売り上げ向上が期待できます。

 

GoQSytemで倉庫を使うには出荷管理システムが必須

GoQSystemで物流倉庫サービスを利用するには、「受注・商品・在庫連携・出荷管理プラン」をご契約いただく必要があります。
出荷管理システムを導入していただくと、物流倉庫との連携のほかにも、
自社倉庫の物流管理機能もご利用いただけます。
棚番号とJANで商品を管理することで、購入されたお客様の商品が、どの棚の、どのボックスにあるかを管理でき、高速ピッキングとミスのない出荷業務が行えます。

まとめ

・物流倉庫サービスを取り入れることで、効率よく業務が行え、販売戦略に時間を使える!
・物流倉庫を使うことによって顧客満足度UPにつながる!
・GoQSystemは出荷管理プランにて物流倉庫と連携することが可能!

(※対応倉庫は弊社までお問い合わせください)

 

いかがでしょうか?この機会にぜひ物流倉庫サービスの利用、GoQSystemの出荷管理システムをご検討いただければと思います♪

 

【クリックポスト拡張機能利用者が4000人到達しました♪】
利用していな方は、ぜひこちらからお試しください💛

 

 

 

 

 

 

【YouTube始めました!】

最新情報や楽しい情報をどんどんお届けしますので是非チャンネル登録をお願いいたします!!
暇つぶしにはもってこいですよ♡

【編集後記】

前職が小売り業なのでハンディには親しみがあります!
その時使っていたハンディは商品発注用なのですが、猫缶250個くらい誤発注したのも今となってはいい思い出です…_(:3 」∠)_
※再確認って大事な仕事ですよね☆

【編集者】

名前:871

担当:カスタマーサポート
経験:EC・小売
大好物:抹茶
好きなアプリ:Instagram・Twitter
主に使うモール:Amazon
会社:株式会社GoQSystem
会社住所:〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目6-12 NS京橋ビル5F

お問い合わせはこちらから

シェアする

通販業務でお悩みの方へ。
ルーチンワーク作業の自動化や複数店舗の一括管理など、実際の実際の店舗運営から生まれたクラウド型受一元管理システム「GoQSystem(ごくーシステム)」。
作業の簡潔化・人的ミスの削減・時間削減・人件費削減などが見込め、あらゆる負担を大幅に軽減します。
通販業務のお悩み、解決してみませんか