処理履歴で、誰がどのような操作をしたのか確認しましょう!

いつ自動処理が動いて、いつ、誰が、どんな変更をしたのか …
作業ミスがあったかもしれない、どこまでさかのぼればいいのか …
どんなメール送ったっけ …
自動処理動いてるかな …

たまに発生してしまうそんな疑問を、
バージョンアップした処理履歴で解決できます!

①まずは簡易詳細で、メール送信履歴、ステータス移動履歴を確認しましょう!

②「どのステータスから動かしたっけ … 」という疑問は、
受注詳細画面の一番下の【処理履歴】から、詳しく確認できます!

※セッション:操作をした人のIDです。
※処理履歴の保存期間・表示期間は3か月までになります。

ぜひ活用してください!

シェアする

通販業務でお悩みの方へ。
ルーチンワーク作業の自動化や複数店舗の一括管理など、実際の実際の店舗運営から生まれたクラウド型受一元管理システム「GoQSystem(ごくーシステム)」。
作業の簡潔化・人的ミスの削減・時間削減・人件費削減などが見込め、あらゆる負担を大幅に軽減します。
通販業務のお悩み、解決してみませんか